十言神呪(トコトノカジリ)神法 をご存知ですか?

あまてらすおおみかみ 様  の神聖なお名前を唱えながら太陽を礼拝するものですが、

多くの宮司神道家たちのやり方は、間違っていますね!

「ひふみ祝詞」の場合も、有名な宮司が357に区切って読むことをせず、

滅茶苦茶に自己流で奏上しています。

たいていの方が、

あーまーてーらーすーおーおーみーかーみー と

全部吐く息で奏上するのだと指導していますが、

古式なやり方は「す」の音のみは「息」を吸い込むのが正式です。

アマテラスオオミカミ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

5の中心は「スの大神様」「宇宙創造神」

最後は「スの大神様」へ帰結。

アセンションの最終目的は「スの大神様」のもとへの永劫回帰

私の感ずるところでは、吐く息だけでは

「宇宙創造神のスの大神様」のパワーを導入できません!

あまてらすおおみかみ 10音の真ん中中心は「ス」音です。

「スメミオヤの大神様」です。

したがって「宇宙創造の瞬間」の「ス」音から「ウ音」を

繋げた「大和言葉」「スウ吸う」行為がとても重要なのです。

是非お試しあれ!

  

                    アルクトゥルス