ダークサイドに堕ちてしまったら

脱!摂食障害カウンセラー三上さくらです。

私は15年間、ひとりで摂食障害に悩んでいたのですが

この期間をダークサイドと呼んでいます。

考えていることは、

がっつり食べて、全部きれいに吐いて、身も心もスッキリすること

モデル体型になったら、私を馬鹿にした男達に仕返しをすること

など、残念なことばかり。

八方美人のくせに、心の中では超ネガティブ思考でした。

そんな自分が真っ黒で汚いものみたいで、

さらなる自己嫌悪に苦しめられます。

今、まさにダークサイドにいる方へ。

克服した人と私は違う。

私は絶対に治らない。

そんな風に考えていませんか?

大丈夫です。

あなたは絶対に治りますし、

ダークサイドから這い上がれます。

私が葛藤した15年間。

はじめて吐いた日から7年目までは、

病気だということを認知していませんでした。

むしろ、だんだん体重が落ちてきたので

嬉しくてたまりませんでした。

8年目から14年目までは、

自分は異常だ。こんな生活は続けられない

と気付くのですが、挫折と葛藤の日。

そして、15年目になってようやく、

セルフコントロールができるようになりました。

このブログでは、私の経験を発信することによって、

今、苦しんでいる方が最小限の挫折と葛藤になるよう願っています。

大丈夫です。

治りますから。

このブログを読んでいるということは、

すでに克服への第一歩は踏み出せています。