【記事】不登校未満

何事もなく学校に行けたらそれは凄いことだと思うのです。

エネルギー切れはなりやすいんではと思う。そこで休める人は休んでいいと思う。

学生の頃のエネルギー切れってあまり自覚症状ないと思う。

あってもちょっと気分が乗らないとかちょっと体調が悪いとかその程度。

でも、そのちょっとを我慢し続けると慣れちゃってよくわからないうちに壊れちゃうこともある。

中学3年間走り抜けたら、何かが壊れた。

些細なイジメはあったよ。

でもイジメより、逃げ場がない環境の方が辛かった。

友達もいたけど深くない。頼めばそれなりにやってくれるけど人望は薄い。よくわからない人。それが自分。

家を含めても自分の居場所なんてなかったから、いつも何か何処か。

仕事って上からの指示や方針があるから、色々考える時間があるのよね。

そしたら、動けなくなっちゃう時があって、それから薬を飲むようになりました。

ある方から(体も頭も)動きすぎて疲れてるんだよ。と言われました。

大人になって思うのは子どもは何故にあんなにも動けるのか?

休みたいなら休んでいいと言える度胸が欲しい。

居場所や逃げ場が無いって、日々刹那的で辛いから。

学校に行けなくなった娘と、信じて見守る母の話。