マレフィセント

製作年度2014

製作国アメリカ

監督ロバートストロンバーグ

出演アンジェリーナジョリー、シャールトコプリー、エルファニング、サムライリー

とある王国のプリンセス、オーロラ姫エルファニングの誕生祝賀パーティー。幸せな雰囲気があふれるその会場に、招かれざる邪悪な妖精マレフィセントアンジェリーナジョリーが出現する。オーロラ姫に永遠の眠りにつく呪いをかけたマレフィセント。それは、なぜなのか。答えは、謎に包まれたマレフィセントの過去にあった。シネマトゥデイ

今やディズニー映画も実写映画にも力を入れていまして、近年ではそれこそ美女と野獣なんかは、成功作として記憶に新しいですけどね。またアラジンだとか、名作アニメの実写化も進めているそうで、まあそれも期待して出来上がりを待ちたいと思います。さて、こちらは一応、眠れる森の美女の前日譚?的立ち位置を取った映画とのことです。って言うか、そう言う触れ込みの映画だった気がするんですが、最後まで見ると、どうやらニュアンスは異なっていましたね。むしろ、これは眠れる森の美女という素材を借りた、完全オリジナル版、みたいなそんな雰囲気を感じました。それとも、元の童話の中ではこういった作風、あるいはストーリーだったのかどうか。その辺の事情は知りませんけど、とにかく思ってたのとはちょいと違いましたね笑。一応、悪の魔女であるマレフィセントが、結果的には全てを救う話にシフトされていまして、やっぱり、最終的には全く違う話って言うかね笑。って言うか、劇中のナレーションでも皆さんが知ってるお話とは、全然違うでしょう?みたいなナレーションがありますから。しかし、純粋に考えると、これ見ている方はどういった受け取り方をすればい\xA4

い鵑任靴腓Α◀海譴呂海譴任△蠅世覆辰道廚┐个いい里ʡ弌\xA3

ただ、この映画は近年のディズニー映画のある特徴を、きっちり押さえた作品でしたね。と言うのは、例えば、運命の人のキス王子とのキスみたいな、まあ、これはよくあるメルヘンチックな展開だと思うんですが、この映画じゃそうはしてませんね。って言うか、眠れる森の美女って言う作品は、運命の人のキスにより、めでたしめでたしになるんですけども、この映画の場合はそうでは無くて、真実の愛がイコールでマレフィセントからの愛情であると言う描き方になっています。つまり、単にその男女の愛情だけで、片付けるような描写にはなっていません。これが、昨今のディズニーらしい愛の定義じゃないでしょうか。それこそ、メガヒットを記録したアナ雪も然りではありますが、今までは当たり前であった、受け身なヒロイン像、プリンセス像から脱却を図っている。また、アナ雪でも顕著ですが、本来ではプリンスと結ばれることが、今までの定石で行くとハッピーエンドだったんですけども、そうではなくて、普遍的な姉妹愛に徹底していることが、新しいポイントでしたね。このマレフィセントでも、いわばこれは親子愛に徹底していると言って良いんでしょうね。もちろん、恋愛も\xC9

舛い討呂い泙垢❶-撚茲陵遒箸圭蠅箸靴討蓮△修海ⅵ能斗彙綯賄世任呂覆ぁ3里ǂ法△修譴聾渋綸š鮗瓩世隼廚い泙垢茵﹆灝④亮匆饋塀个篆邑⊆ɧ里❶△海譴世蔚ǂ个譟△覆Ľǂ追疂彭Ľ箸覆辰討い訐い涼罎如△気垢❹貌枯辰涼罎離廛螢鵐札垢蓮△發♢魦紊謀槪討呂泙蕕覆唎呂覆辰討④討い襪鵑世隼廚い泙后\xA3

ディズニーが定義する、あるいは世界に対して発信する、新たな現代的メッセージとしては、意図や意思が共通されていて、それ自体は悪くないと思います。ただ、はっきり言って、この映画、妙に腑に落ちない映画だとは思いましたね笑。と言うのは、まずこの主人公マレフィセントですけども、彼女が何故悪の魔女へ、つまりダークサイドに堕ちたか、ってことなんですけど、人間の男と恋が実らずしかも、それは男の裏切りが原因であり、人間不信、愛情不審みたいなのに陥るわけですね。それが原因となって、恨みもあり、その男の子供に呪いをかけるってのが、この映画の導入部と言って良いでしょう。いわば、このマレフィセントが呪いをかけた理由ってのが、眠れる森の美女では語られなかった部分でして、それを描くよ、って言うのがこの映画のセールスポイントだったと思うんですよね。ただ、まあ、理由が語られたからと言って、その子供には何の罪もない事には変わりはないわけです。いよいよ、マレフィセントと、過去に恋をしていた国王。この二人が対峙するわけですけども、これは、まあ、当然娘オーロラに呪いをかけられた、という恨みがあってのことでもあるんでしょう\xA4

❶⇔篝鼎帽佑┐泙垢函〵佞砲犬磴~晋里い❹濆腓Δ里ʔ¤辰胴佑┐浸類法△修譴辰瞳觜宗∈ⓚ椶呂ǂ覆螢潺縫泪爐箆辰辰童世Δʔヿ世Δ覆譴弌▲侫蕕譴燭里魄絜④困辰討觸漚函▲佞辰臣砲❹い弔泙任盞𣝣泙靴討い襦△澆燭い箆辰任靴ǂ覆い錣韻任垢茲余弌↗侫蕕譴燭海販∪擇蕕譴燭海箸砲脇云陲任④泙垢❶△燭澄∈瓩發覆せ匐,房槪い鬚ǂ韻襪辰董△泙△修貅ɧ里老茲靴椴匹せ槪任呂覆い錣韻任余弌﹅唎覆唎箸睇當未隆恭个ǂ藕圓唎半弌\xA3

でも、映画の中じゃ、最終的にマレフィセントが、自分がかけた呪いを自分で解いて、なおかつ国王をやっつけることによって、映画はめでたしめでたしの態を見せていくんです。しかし、よくよく考えると、これは果たして、そういった美談となるべき話なのか?って自分はちょっと思いましたね。無論、映画は美談風に一応映画いてるんですが。例えば、呪いをかけられた罪なきオーロラですけども、彼女がまず国王に対して、愛情が全くないのも、若干の違和感。まあ、自分が思い描いていた理想の父親ではなかったのだろうし、赤ん坊の頃に父の元から離された、というそういった経験もトラウマとしてあるからこそなのかもしれません。ただ、それはあくまで父親側からすれば、まあ娘を思っての行動ですよね。したがって、その行動が果たして絶対悪か?ってなると、この映画の世界の中ではイマイチ説得力がまだないんじゃないかと思うんですよ。また、マレフィセントにはほぼお咎めがこれ、無いわけじゃないですか。呪いをかけたことは、まあとりあえずは水に流して貰えてるんですよね笑。自分はこの映画のバランスから行くと、せめてもっと切なげなオチがあって然るべきだと思う\xA4

鵑任垢茵M廚垢襪法▲泪譽侫↗札鵐箸辰匿佑枠鷯錣防坿鑞僂塀灝④世辰燭箸いΔ海箸如⌆舛ǂ譴襪戮④任△辰討諭〽\xAB分の過ちを勝手気ままに回収して、自分をこんな目に遭わせた奴を殺して終了ってのは、百歩譲って別に良いですが、でも、少なくともそれって誰もが笑って見送ることができる、安心して見れるハッピーエンド風な映画なのだろうか笑。若干、これはダークさが伴う話だと思うんですよね笑。ですから、この映画が見せる、如何にもお気楽な感じがどうも自分は腑に落ちない。違和感が若干残るんです。雰囲気で丸く収めちゃった感が、満載なんじゃないか?とさえ思ったりしました。この余韻が、一言で言えば、気持ちが悪いんですよね笑。何か、消化不良感があって、ムカムカするって言うか笑。

まあ何でしょう、確かに小難しく描いたって、それはディズニー作品らしさがないのかもしれませんが、ファンタジーとしては割と中途半端かもわかりませんね。雰囲気や空気のみで、まあ、とりあえず、良かったのかな?くらいには思えるかもしれませんが、少しでも、冷静になれる瞬間があると、妙な穴を発見したりして、それが気になってくる映画だと思います笑。でも、その穴には答えが用意されてないんですよ笑。まあ、映画によってはその余白や隙が効果をもたらす映画も多あるわけですが、この映画は、それが逆効果って言うか、単に考えなしにも見える感じがしてね。ちょっとその辺が残念でしたかね。

おすすめ度

広告を非表示にする