あけましておめでとうございます

あけましておめでとう

この言葉を言わないためにけっこう苦労してきたもんだ。笑

年賀状も出さなかったし。

JWは新年の祝いにつながることは一切避けるように教えているが、

あけましておめでとうの言葉にどれほどの避けなければならない意義があるのだろう。

一年、いろいろあったけれど、無事に新年を迎えられてよかったね。

また、一年頑張っていこうね。

そういう意味が込められた言葉。

誕生日にしても、根拠がないことに細かくこだわり、注意深く避ける。

個人に過度の注意を向けるとかなんとか。

それでいて、たとえば誰かがバプテスマを受けたりすると、おめでとうって言うし、

結婚記念日を祝うことはかまわなかったり、正直訳がわからん。

そんなことは注意深く、避けるんだけれど、会衆内には争いが絶えなかったり、ねたみ、そねみ、いじめまであったりする。

でもそういうのは不完全だからしかたない。

許しましょう、ってどないやねんっ!

って、突っ込んだら、霊的に円熟してない人。笑

円熟した人はひたすら我慢してエホバを待ちましょう。待っても待っても解決されないのに。

まさにブヨは濾しとりながらもらくだを飲み込む

って、感じだったなぁ〜

なんか、新年早、愚痴っぽいことを書いてしまったけど、

いまはそういったしがらみから解放されて、爽やかに言える笑

皆さん、新年あけましておめでとうございます!

旧年中は仲良くしていただいてありがとうございました。

今年もどうぞよろしくおねがいします!

楽しい一年にしていきましょう〜!